SwanLake

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧




箱根1 ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

7月最後の週末は箱根一泊旅行に行って来ました。7月は高尾山登山、尾瀬散策とアウトドアが続いたので、最後の週末はハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパにてのんびりまったり過ごして来ましたキラキラ でも・・・最後はわけあって1時間弱のウォーキングをするはめになってしまったのですけどね~あせる
f0082356_18565778.jpg





新宿からロマンスカーに乗って箱根に向かいます。
f0082356_18314372.jpg

ワタクシ、夏休みのロマンスカーを甘くみておりました。乗車券は当日で大丈夫だろうと思っていましたが、希望の時間の車両はすでに満席~(×口×) 仕方なく一本遅い時間帯を検討していると・・・見知らぬおじさんが・・・「この電車乗りたいの?今清算しようと思ってたとこなんだけど、もし良かったらチケット2枚買ってもらえる?」と声を掛けてきました。どうやら連れの方が待ち合わせに遅れているらしく、もう間に合わないので自分達は1本後の電車に乗る(そのチケも既に購入済)とのこと。というわけでおじさんからチケットを購入して(ちゃんとおかしな点がないか確認しましたよ!)無事希望のロマンスカーに乗車電車 ラッキー☆

ちなみに一部始終を見ていたおばさんが「大丈夫?騙されてない?!料金は〇〇円のはずだけどそうだった?!」と声を掛けてきました。さすがおばさん、よく見てるなー(笑)




相模大野駅で小田原行きと片瀬江ノ島行に線路が分かれます。左に進むと江ノ島~サンダル
f0082356_18422694.jpg



箱根湯本着☆ 登山鉄道に乗り換えて強羅に向かいます。
f0082356_18444693.jpg


登山鉄道からの景色。
f0082356_18472631.jpg




そしてホテル着 広々としたロビー。
f0082356_18594823.jpg


ロビーから下をのぞくと無料ドリンクサービスタイムもあるリビングルーム
f0082356_190594.jpg


ロビーにあるレストルームもキレイ♪
f0082356_1912997.jpg


どんなお部屋か楽しみー♪
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-31 19:06 |  国内 | Trackback | Comments(0)

クロージングガラ 【アメリカンバレエシアター】

あ~終わったよ。私の夏が!!1年前から楽しみにしていたABT来日東京公演、本日で幕が下りました。チケットを取った頃は「あ~まだまだ先だな~早く来年にならないかな~」と思っていましたが、気付けば終わってしまったよ(笑)



第1部

「アレグロ・ブリランテ」

振付:ジョージ・バランシン
音楽:チャイコフスキー<ピアノ協奏曲第3番>
シオマラ・レイエス/ダニール・シムキン
メラニー・ハムリック/シモーン・メスマー/ルシアナ・パリス/ヒー・セオ/グラント・デロング/ロディー・ドーブル/ジョセフ・フィリップス/エリック・タム

振りも音楽も好みの作品^^ バランシン作品なので振りがチャイパドに似てます(特に女性の振り)。最後にリフトして幕に入るところは全く一緒ですね。男性陣が交互に動く部分はロボットが変形していくような感じがして「トランスフォーマー」が思い浮かびました(笑)

作夏のドンキ感想文にも書いてありましたが、シムキン君のルルベってまるでポアント(つま先)で立っているように見えるんです。彼のルルベは本当に綺麗!!そして背中の反り具合は他のダンサーに比べて断トツに美しいと思います。最後のシソンヌ、綺麗な開脚&高さがありすっごく綺麗だった サポートは・・・うーん。

レイエスもシムキン君もハイレベルなダンサーは承知の上で申し訳ないのですが・・・小柄な2人・・・どうしても中学生の発表会感が拭えずでした・・・。



「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン
音楽:チャイコフスキー
パロマ・ヘレーラ/マルセロ・ゴメス (ドンキに続き、体調不良のアンヘルに代わりゴメスが踊りました。アンヘル大丈夫でしょうか??)

なかなか迫力あるチャイパドでした!!
私、今回の公演でヘレーラが大好きになりました!ヘレーラってそこに居るだけで周囲が明るくなるような、ひまわりみたいなダンサーなんです黄色い花
ヘレーラの筋肉質でよくしなる足!これでもかと出る踵! ヘレーラの足大好き!!
女性のヴァリエーションでは、音の取り方が独特で、出だし部分 「あれ?音と合ってない?」 と思わず思ってしまいましたが、ヘレーラなりの独特な取り方みたいです。

そして先日最高なロミオを観せてくれたゴメス!!「うーん・・・」なPDDの後なので、ゴメスの逞しいサポート力が際立ちました。ヘレーラも安心してダイブ出来ますねチョキ 私、チャイパドのアダージオの最後にゆっくり決めるフィッシュポーズが大好きなのですが、この時にヘレーラを見つめるゴメスの横顔が素敵でした!!もちろんポーズも素敵でしたよ!!

ゴメス、ヴァリエーションでは逞しさの中にあるしなやかさが光ってました



第2部

「トロイカ」

振付:ベンジャミン・ミルピエ(←ナタリー・ポートマンの旦那)
音楽:バッハ<無伴奏チェロ組曲第2番・第3番より>
トーマス・フォースター/ジャレッド・マシューズ/ブレイン・ホーヴェン
チェロ演奏:辻本玲

寝そうでした・・・。何だろう・・・ダンサーの動きはとっても綺麗で見応えがあるはずなのに・・・。ジャレッド・マシューズの動きが一番良かったかな。



「眠れる森の美女 第3幕よりパ・ド・ドゥ」
振付:マリウス・プティパ
音楽:チャイコフスキー
ジリアン・マーフィー/コリー・スターンズ

このPDD正直しっくりきませんでしたあせる

ジリアンのキトリ、私は観ていませんが周囲では大好評でしたし、ジリアンの踊るオデット・オディールは私も大好きなのですが(動画だけど)、オーロラはしっくりきませんでした。

スターンズの王子も、ヴァリエーションの見せ場であるマネージュにいまいちキレがない(><)綺麗な顔にすらっとしたスタイルで王子役はぴったりだと思うのに残念。アントルラセは軽やかで思わず「綺麗!!」と心の中で叫びました(笑)



「椿姫 第2幕より白のパ・ド・ドゥ」
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:フレデリック・ショパン<ピアノソナタ第3番3楽章>
ジュリー・ケント/マルセロ・ゴメス
ピアノ演奏:ダニエル・ウェイト

「ロミジュリ」コンビが今日も魅せてくれました キラキラ ちょうどこの動画↓の始まり、アルマンの手にマルグリットが手をぐっと伸ばし絡めるところなんて本当に素敵でしたよーラブラブ

こちらの動画はパリオペラ座のアニエス・ルテステュとステファン・ビュヨンの白のPDD。このPDDは、高級娼婦マルグリットが娼婦ではなく、ただの恋する乙女としてアルマンとの真実の愛に生きようと決意する2幕で踊られます。


ジュリーって、こういう病的な役が似合いますね。ジュリエットもすごく素敵だったけれど、やはりマルグリットの方が年齢的にも合いますしね。そしてやはりジュリーの足の運び方が好き

上記動画は短縮されていますが、実際は9分あるパ・ド・ドゥ(PDD)です。リフトしまくりのPDDなので男女共に大変でしょうねぇ・・・。ゴメスに高くリフトされたジュリー、本当に伸びやかに舞うんですよ^^


私が初めて「椿姫」を観たのは2002年のマラーホフガラ。ルシア・ラカッラ&シリル・ピエールの「椿姫」でした。と言っても当時は演目もダンサーも全然知らずにただバレエを観ていたので「ジュリエットのような衣装を着て、リフトが多くて、とてもロマンチックな演目だった」という記憶しかなくあせる 半年前に調べて判明した事実です(笑)

ルシア・ラカッラ&シリル・ピエールの「椿姫」。振りはノーマイヤーではなくヴァル・カニパローリ。ショパンのピアノ協奏曲第1番2楽章にのせて。美しい~!!



こちらは椿姫1幕よりマルグリットを見舞うアルマンとのPDD。ショパン ピアノ協奏曲第2番2楽章。曲が美しすぎる!!





「白鳥の湖 第2幕よりパ・ド・ドゥ」
振付:レフ・イワノフ
音楽:チャイコフスキー
ヴェロニカ・パールト/アレクサンドル・ハムーディ

「スペシャルドンキ」ではメルセデスを活き活きと踊っていたパールト、「ロミジュリ」ではパリスを好演していたハムーディのペア。なのですが、なのですが・・・うーん・・・。

パールトはオデットを踊るにはやはりでかいあせる 儚さが感じられなかったです。黒鳥の方が似合うかなぁ。

ハムーディ、顔の雰囲気がサラファーノフに似てるーってどうでも良いことですが・・・。

私、この場面はやはりコールドバレエがいてこそ主役の2人が輝く&美しい場面だと思うのです。ガラでも踊られる場面だけれど「これは幕物で観たい」と改めて感じました。しかも・・・拍手喝采だった「椿姫」と、更に拍手喝采だった「レ・ブルジョワ」に挟まれてちょっと可愛そうなプログラム順でしたあせる



「レ・ブルジョワ」
振付:ベン・ファン・コーウェンベルク
音楽:ジャック・ブレル
ダニール・シムキン

出た~シムキン君の「レ・ブルジョワ」!!例のジャンプ(下記動画40秒から&2分50秒から)には会場から拍手拍手拍手!!

シムキン君が「Last show here in Tokyo」と呟いて載せていた画像↓

キュートな演技から繰り出されるしなやかで高いジャンプ!!やっぱりソロ向きだな~。サポート力もどんどん磨いて欲しいな♪ もうねー会場の拍手すごかったですよ(笑)完璧にバレエ界のアイドルですね。「ああ・・・これじゃぁさっきの白鳥の印象がどんどん薄れちゃうよ・・・」と思いました。



第3部

「COMPANY B」

1940年代風の衣装を付けた男女がアンドリュース・シスターズが歌うヒットメドレーにのせてミュージカルのような溌剌としたダンスを繰り広げる作品。楽しげな情景と交錯するのは第二次世界大戦で命を落とした兵士たちのイメージだそうです。

歌唱:アンドリュース・シスターズ(第二次世界大戦当時のアメリカ人の典型的な心情を表した歌)
振付:ポール・テイラー/再構成:パトリック・コービン

マリア・リチェット/ニコラ・カリー/ミスティ・コープランド/シモーン・メスマー/ エリザベス・マーツ/ニコール・グラニェロ/メリー・ミルズ・トーマス/アロン・スコット/クレイグ・サルステイン/サッシャ・ラデツキー/ ロディー・ドーブル/グラント・デロング/アイザック・スタッパス

アメリカ!って感じの一緒に踊り出したくなるような楽しい演目でしたニコニコ でも楽しく踊る男女の後ろで、ゆっくりと動く男性陣の影は戦場を表していたのかな?銃を撃つ姿に見えました。


素敵なあなた:出演者全員

ペンシルヴァニア・ポルカ:マリア・リチェット/ロディー・ドーブル

ティコ・ティコ:アロン・スコット

Ohジョニー、Ohジョニー、Oh:クレイグ・サルステイン/女性出演者達
サルスティン!!ここでも三枚目キャラ!マキューシオの時はちょっと踊りが硬く感じたけれど、今日はと~っても良かった!! 「ロミジュリ」後に多分髪を切った模様でクリクリ頭になってました。サルスティンに女性3人が次々に飛びつき、3人を抱えてましたよ。大変そう(笑)彼のガマーシュも良かったし、そういうちょっと面白キャラが似合うのね。

アイ・キャン・ドリーム,キャント・アイ?:ニコラ・カリー

ジョセフ!ジョセフ!:エリザベス・マーツ/ニコール・グラニェロ/メリー・ミルズ・トーマス/アイザック・スタッパス/ロディー・ドーブル/クレイグ・サルステイン

ブギウギ・ビューグル・ボーイ(カンパニー B):サッシャ・ラデツキー
ラデツキー、動きにキレがあり良かったです^^

ラム・アンド・コカコーラ:ミスティ・コープランド/男性出演者達
この作品で登場した女性陣の中ではコープランドの踊りがキビキビしていてとっても好みでした!!

ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー:シモーン・メスマー、グラント・デロング

素敵なあなた:出演者全員



「クロージングガラ」は大拍手で幕を閉じました。本日一番良かった演目は予想通り「椿姫」でした^^ 今回の来日公演で観た演目の中では「ロミジュリ」が一番!!まだまだ余韻は冷めそうにありません(笑)そしてパロマ・ヘレーラとマルセロ・ゴメスが大好きになりました。

会場でお会いしたバレエ友callalilyさんと「ゴメス、アンヘルの分も踊って大活躍だよね!いや~踊りだけでなくそこにも拍手だよね!」と盛り上りました(笑) サイン貰って本当に良かった!!(←しつこい・笑)
f0082356_1571484.jpg



ちなみに今日も一応楽屋口に行ってみたらちょうどシムキン君がサインをしているではないですか!!全員にはサイン出来ず途中で「ごめんね~」と日本語で謝りタクシーへ。それと同時に「きゃーー!!」と女性陣がタクシーを囲みます(笑)今日の出待ちの多さを見て、先日直接プレゼントを渡せたことが奇跡に思えました(笑)
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-29 23:53 |  バレエ | Trackback | Comments(10)

ロミオとジュリエット 【アメリカンバレエシアター】

本日はABTの「ロミオとジュリエット」を観て来ましたキラキラ


ジュリーは・・・

可憐なジュリエットだった!!


ゴメスは・・・

情熱的なロミオだった!!



今日はジュリー目当でチケットを取ったのですが、幕が上がった瞬間からゴメスにノックアウトされました!!

ゴメスにサインもらって良かった!
握手してもらって良かった!
「あなたのロミオ観に行きます」って伝えて良かった!!!



今まで王子キャラ系ダンサーのロミオしか観たことがなくて 「ゴメスのロミオってどんなだろー受け入れられるかなぁ」 などと心配していた私。案の定、今まで観たことのないタイプのロミオでしたが、ゴメスの情熱的なロミオすごぉおーーーく良かった!! 

f0082356_23493536.jpg



*第1幕 1場 市場*
ロミオ、マキューシオ、ヴェンヴォーリオの悪ガキトリオ登場。幕が上がる前は、シムキン君にばかり目がいくのではないかと思っていましたが、いやいやいやいや、ゴメスの存在感たるや!!さすがABTのプリンシパルグッド! ゴメスに見入ってしまいました。
「俺達いつも3人一緒だぜ!」的な仲良しっぷりの掛け合いが面白く、途中「ぷぷっ」と吹いてしまう場面もありました^^


*第1幕 2場 ジュリエットの部屋*
ジュリエット登場。ジュリー、大人なのに可憐な少女ジュリエットだ~!!2児の母とは思えない可憐さ。一歩ずつ差し出す足、甲が出ていてとても綺麗(´艸`o)゚.+:


*第1幕 4場 キャピュレット家の舞踏会*
ソフトバンクCM使用曲の場面です。ずんちゃーずんちゃーと重々しいイントロで始まり、客人たちが踊ります。この荘厳な場面は見応えがあって好きです。ここではパリス(アレクサンドル・ハムーディ)をじっくり観てました。ここは地味な動きの繰り返しですが、足で半円を描くロンドゥジャンプ、綺麗でしたチョキ

この舞踏会でロミオとジュリエットが出会います二人がお互いの存在に気付くところ、オペグラでじっくり観たいのですが、2人の距離がありすぎてオペグラで両者を観るのは無理あせる ジュリエットを見つけたロミオ、さっきまでロザラインが大好きだったのに一瞬にしてジュリエットに恋します(笑) ゴメスはマスクをしているので目の表情はよく分かりませんが、口の開き具合で恋に落ちた様子がよく分かりました(笑)



リボン 先日、キャサリン・ウィリアムズというダンサーからサインを頂きました。知らないダンサーでしたがとっても可愛い方だったので思わずね☆ 「今日はキャサリンちゃん踊るかな~?ジュリエットの友人なんか似合うだろうな」と思って探してみると・・・いた!!!友人踊ってました!舞台上でもかなりキュートラブラブ 表情豊かで足も伸び伸びと上がり、雰囲気的にはそのままジュリエット踊れそうでした☆ ABTのHP見たらコールドメンバーでプロフィールが載ってました♪


*第1幕 6場 ジュリエットの部屋のバルコニー*
ガラ公演でもよく踊られる有名なバルコニーパ・ド・ドゥラブラブこのPDD、大大大好き!!
ここでゴメスの情熱的なロミオ大爆発!!難しいリフトをいくつも挟みながらも決して落ちることのない2人のスピード感。すごい!!そして中盤の見せ場のリフト(ほぼ正座状態のロミオが背筋状態のジュリエットを上げ下げするリフト)、天に向かってしなやかに伸びるジュリー(ジュリエット)の手、 指先からは感情があふれ出ているようでした

こんな情熱的なバルコニーPDD初めて観たーー!! 隣席からはすすり泣きが!!


ABTのダンサーであったアレッサンドラ・フェリとフリオ・ボッカのバルコニーPDD。


ここで1幕終了!!すすり泣きの正体violettyさんと 「ゴメスイイ!!!!」 と声がそろっちゃいました(笑) いやーゴメスいいよ。アンヘルを観に来た友達が、代役ゴメスに感動して「出待ちしたい!」と言った気持ちが分かりました!


*第2幕 1場 市場*
シムキン君、後方の目立たない場所でも何回転も綺麗にピルエット決めてました ランベルセしながらのジャンプはやっぱりしなやかでうっとり~。マキューシオと同じ動きをするところではピルエット多く回ってたね。そこは揃えた方がいいのでは??別に揃えなくてもいいものなのかしら?

マキューシオ役のクレイグ・サルステイン、素晴らしい踊りを披露してくれました。ちょっと踊りが硬いように私は感じたけれどあせる マンドリンダンスでは2回馬跳びして、3回目は「もう疲れたから僕は跳ばないよ~」というマイムで会場の笑いを誘いました(笑)
マンドリンダンス、センターの方が、回転物全て軸がぶれぶれで、隣の人にぶつかりそうなのが気になってしまいました。

1場の最後はロミオがジュリエットからの手紙を受け取り、大喜びしてで終わります。熊川ロミオはここで大喜びして高いジャンプ(このジャンプが素晴らしくって鳥肌立った!)を見せてくれたのですが、ゴメスロミオはわりと大人しめでした。


*第2幕 2場 礼拝堂*
神父の元で、ロミオとジュリエットが結婚する場面。ジュリエットの登場に思わず「あ!そういえばジュリエットいたんだっけ」とすっかりジュリエットの存在を忘れていましたあせる それ位、1場の悪ガキトリオやコールドダンサーがレベル高かったのだと思います。


*第2幕 3場 市場*
マキューシオが死んでしまう場面。私、いつも「長いなぁ・・・」って飽きてしまうのですが今日は飽きませんでした!サルステインの演技が良かったからかなぁ^^


*第3幕 1場 ジュリエットの寝室*
ジュリエットの元を去るロミオ。別れを惜しんで踊る2人。「離れたくない!」という気持ちを表現するとこうなるのかもしれなけれど、1幕に比べて、ジュリーの扱いが乱暴に見えたよゴメス(^-^; そう感じたのは私だけかなぁ?ピルエットなんか、びゅんびゅん音がしそうな勢いで回してるように見えました。

ロミオが去った後、神父に会いに行く決意をし(ここはベッドに座った状態で表情で勝負の場面)、ショール?をなびかせ疾走するジュリエット。この「決意からの疾走」、私はいつも注目する場面です。最速だけれど、決して雑ではなくいかにエレガントさを残しつつ駆け抜けるか!!ジュリーも素敵でしたがやっぱりコジョカルの印象が強烈だなぁー。


*第3幕 4場 キャピュレット家の聖堂の地下*
今回は神父からの手紙をロミオに届ける場面はなし。Kバレエはあったような気がするなぁ。あった時は「なくてもいいかも」と思いましたが、今日はあった方がいいなぁと思いました。ある方がストーリーが繋がるというか。幕が開いた瞬間、いきなりロミオが地下室でこそこそしてるから、何だか変な感じがしました(笑)

ロミジュリを観る度、ここでロミオに刺されるパリスが可愛そう。

そして最後の見せ場、仮死状態のジュリエットとロミオのPDD。悲痛な叫びが聴こえてきそうなゴメスロミオ!ただ、ジュリエットをリフトする時に 「えいやっ!」 感が否めない点が残念・・・。いや、確かにこのPDDは 「えいやっ!よっこらせ!」 だと思います!でもバレエとして観るとなるともう少し重さを感じさせないで欲しかったなー。って欲張りですみませんあせる

最後はジュリエットも命を絶ち、ロミオと共に眠りに就きます。



素晴らしい舞台でした星空 会場はスタオベでしたよー。ジュリー、ゴメスありがとう!!


ローザンヌコンクールでのゴメス。1996年に16才ということは今30才位かぁ。もう少し上だと思ってた!


終演後、バレエ仲間のトミーさん&相棒様にばったりお会いしました。2人共今日の公演にとても感動されていました。特にトミーさん!!魂抜かれたようにぼーっとされていて、スペシャルドンキの時とは全然違うじゃない(笑)
そして本日初めてお会いしたバレエ仲間のはなたろうさん!!「シムキンの存在感がいまいちだったのが残念」とおっしゃっていました。やはりはなたろうさんもゴメスオーラの凄みを感じたそうです。

出待ちも大勢いましたし、感動した方が多い公演だったと思います!!!
JAのブログにゴメスのインタビューが掲載されています☆


【出演】

振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
原作:ウィリアム・シェイクスピア
台本:セルゲイ・プロコフィエフ/セルゲイ・ラドロフ
装置・衣裳:ニコラス・ジョージアディス
照明:トマス・スケルトン
指揮:オームズビー・ウイルキンズ
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ロミオ:マルセロ・ゴメス
ジュリエット:ジュリー・ケント
マキューシオ:クレイグ・サルステイン
ティボルト:ゲンナディ・サヴェリエフ
ヴェンヴォーリオ:ダニール・シムキン
パリス:アレクサンドル・ハムーディ
キャピュレット卿夫人ステラ・アブレラ
キャピュレット卿:ヴィクター・バービー
ヴェローナの大公:クリントン・ラケット
ロザライン:ルシアナ・パリス
ジュリエットの乳母:スーザン・ジョーンズ
ローレンス神父 :クリントン・ラケット
モンタギュー卿夫人:サラ・スミス
モンタギュー卿:ロマン・ズービン
3人の娼婦:ミスティ・コプランド、シモーン・メスマー、クリスティー・ブーン
ジュリエットの友人:ジェマ・ボンド、カロリーヌ・デュープロー、レナータ・パヴァム、クリスティーンシェフチェンコ、ジェニファー・ウェイレン、キャサリン・ウィリアムズ
マンドリンの踊り:クレイグ・サルステイン、グラント・デロング、ケネス・イースター、ブレイン・ホーヴェン、アロン・スコット、アイザック・スタッパス
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-26 23:56 |  バレエ | Trackback | Comments(6)

かぼちゃコロッケ

油揚げたまごを作る際に余った油揚げを使って油揚げごはん&クリーミーカボチャを使ってカボチャコロッケ
f0082356_2352891.jpg

カボチャコロッケ
焼き鮭
鶏肉のママレード煮込み
ポルチーニ茸パスタ
油揚げごはん(油揚げたまごを作る際に一緒に味付けした油揚げを刻む。ごはんが炊き上がる5分位前に炊飯器に投入!!油揚げを濃い目に味付けしておけば、ごはんにも味が付いておいしいです)



カボチャコロッケは油を使わずオーブンで作ります♪
f0082356_2354482.jpg

クリーミーカボチャの中にスライスチーズを入れて丸める。パン粉にオリーブオイルを混ぜフライパンで色付くまで炒める。炒めたパン粉に丸めたカボチャを転がし、満遍なくパン粉が付いたらオーブンで焼く☆




シムキン君がtwitterで「Thank you everyone for all the presents, Baumkuchens, sweets, letters, compliments and appreciation」とツイートしていましたニコニコ バームクーヘン私もプレゼントしたんですよ~!!ファンからくさる程もらったと思うけど、私のも食べてくれたと思い込もう(笑)Sweets に含めず、固有名詞であげるとは本当に好きなんですね(笑)プレゼントして良かった^^
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-25 23:28 |  わが家の食卓 | Trackback | Comments(2)

バレエレッスン

今日はお稽古場に行くと、ABTのTシャツを着ているメンバーがちらほら!!みんなが着てるの見たら欲しくなりました(笑)これから公演を観に行くメンバーも「私も買お~」と言っていて、「みんなで着よう~」と盛り上りましたニコニコ

今日はスワニルダの友人の振りが少し進みました。進んだ部分、自信満々に踊った私。踊り終わると「しまじろうさん、足反対(笑)」と先生。「あれ?(笑)」 あれだけ自信満々に踊れば、初めて観る人なら間違いに気付かないよねあせる
先生から「衣装これにしたよー」と写真を見せて頂きました。ピンクの可愛い村娘のロマンティックチュチュです。楽しみ☆



さて、今日はABTのマチネ公演を観に来たお友達と公演後に合流!!私も出待ちに便乗させて頂きました。出待ち中、見知らぬ女性お2人とバレエ話で意気投合し4人で盛り上がりました(笑)共通の話題があると初対面でも盛り上がりますねチョキ
ゴメス(本日はアンヘルが体調不良のため、ゴメスがバジルを踊りました)とレイエスのサイン会が行われたのでちゃっかり参加。ゴメスに「あなたのロミオを観に行きます(英語)」と言うと、渋い声で「おお~ロミオ なんちゃらかんちゃら」←英語聞き取れないガーンと答えてくれました(^-^)v
出待ち中、ソワレ公演のため楽屋入りするダンサーがちらほら。そこに!!シムキン君登場~!!!今日一番興奮した瞬間でした(笑)
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-24 21:53 |  バレエ | Trackback | Comments(0)

スノーボール 抹茶味

今日はスノーボール抹茶味を作りましたナイフ&フォーク
f0082356_2138749.jpg
前回、プレーン味を味見してくれた同期が「おいしかった~マンダリンのクッキーみたいだったよ☆」なーんて褒めてくれたので、そんなこと言われたらまた作っちゃう(笑)



今回はプレゼントする方のイメージに合わせてタグも作ってみましたプレゼント
f0082356_21404544.jpg
本当は、プレーンと抹茶半分ずつ作る予定でしたが、卵の分量間違えて急遽全部抹茶にあせる 最後まで間違いに気づかなかったらえらいこっちゃでしたわ。危なかった(笑)
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-23 21:45 |  わが家の食卓 | Trackback | Comments(2)

スペシャル!ドン・キホーテ 【アメリカンバレエシアター】

1年前から首を長くして待っていたABT来日公演が昨日開幕しました!!本日「スペシャル!ドン・キホーテ」を観て来ました!!


このスペシャルドンキホーテ、何が「スペシャル」 かと言うと、各幕ごとに主役のキトリ&バジルを別々のダンサーが踊る構成になっています。2009年に開催された北京公演の際、体調を崩すダンサーが続出し、苦肉の策としてキャストを順次変更。ところがこれが大好評!!翌年NYで同様の公演を行い、今回日本で初披露となりました。





<第1幕>キトリ:パロマ・ヘレーラ/バジル:ホセ・マニュエル・カレーニョ
今年でABT退団のホセ。ABTのプリンシパルとしての来日は今回が最後です。今日のペアの中ではこのベテラン組が一番味があるというか、ドンキという演目に馴染んでいるというか、私の好みでした☆
f0082356_23532029.jpg

ヘレーラの筋肉質の足が、ぐわぁあっとしなる!!他の女の子といちゃつくバジルをすねた表情で見つめるヘレーラが何とも可愛い^^

ホセは雰囲気的にバジルが似合いますね。綺麗に回転を決めていました。キトリを片手で持ちあげ、キトリが開脚するリフト、1回目は「う~持ちこたえたあせる」という感じでしたが2回目は決まりました。こんなリフトが出来るだけで十分すごいのですけどねニコニコ



今回、私が注目していたコリー・スターンズはエスパーダ役で登場。3年前の来日公演で観た彼のコンラッドが良かったので期待していましたが、期待が大き過ぎたか、記憶が美化され過ぎたか・・・無難にエスパーダをこなしたという印象。もうちょっと迫力が欲しかったなー。ロミオ役の方が似合いそうかな。

闘牛士軍団はもうちょっと頑張って欲しかったな・・・。1幕の見せ場なのに動きが揃ってなくて残念あせる

メルセデス役のヴェロニカ・パールトは美人ですね~。登場した瞬間「誰?!あの美人?!」と思いました(笑)森の女王も踊りましたが、メルセデスの方が合っている気がしました。




<第2幕>キトリ:シオマラ・レイエス/バジル:アンヘル・コレーラ
アリを踊るアンヘルをYouTubeで何度も観ていますが、生で観るのは初めて!
f0082356_23533854.jpg

アンヘルは笑顔が素敵ですね☆アンヘルの顔って映画俳優にいそう。演技力も跳躍力もありましたチョキ アンヘルが公演前のサイン会で「2005年の来日公演ではバジルを少年の様に踊ったけど、今度は少し大人になったバジルをみせられると思う。少年の様なフレッシュなバジルはダニール・シムキンがみせてくれる事でしょう!」と話していたとおり、確かに大人の色気のあるバジルでした(^-^)v

夢の場でドルシネア姫を踊ったレイエス、最後の高速ピケ・ターンがすごかった~目 しかしヘレーラ程は印象に残らず。

森の女王役のヴェロニカ・パールト(メルセデス役もやってました)安定感のあるイタリアン・フェッテを披露してくれました。メドーラのヴァリエーションでも使われるこの曲、大好き♪

キューピッド役のサラ・レイン、天使の羽が生えているかのように軽やかに跳ねていました。細かいパドブレさばきもすごい目




<第3幕>キトリ:加治屋百合子/バジル:ダニール・シムキン
日本人の加治屋さん&日本で大人気のシムキン君ペアなので、会場からは一番大きな拍手が湧いていました。
f0082356_2355364.jpg



加治屋さんのグラン・パドゥシャやっぱり綺麗~黄色い花黄色い花 前回の来日公演でギュリナーラ役を踊る加治屋さんを観ました。その時の彼女のグラン・パドゥシャがすごく印象に残っているんです。
f0082356_23561649.jpg


アティチュードでのバランスキープ力もありましたチョキ 最後のグランフェッテは、フェッテしながらマネージュしてました!!

そして加治屋さん、筋肉質で一切無駄のない二の腕!!東バの佐伯さんもそういう二の腕の持ち主です。「あ~!!私の目指す二の腕~」と思いながら観てました(笑) まぁ普通に生活してたら絶対に手に入れることは無理ですねあせる


そしてシムキン君!!待ってたよ~!!やっぱりシムキン君の柔らかい踊りが好き。昨夏に観たドンキの感想にも書いていますが、彼の回転は自然と空気に溶け込むように「す~」って止まるんです。いや、止まるというか溶けて消えちゃったみたいな。鍵盤を「ぽーん」と叩いて響いた音が徐々に徐々に消えていくような感覚です。

一緒に観に行ったviolettyさんが「いや~これは一緒に踊る女性は大変だね~。どうしても彼に目がいっちゃうじゃない?」と言っていました。そういえば昨夏のドンキを一緒に観た友達も「女性の踊りが雑に見えてしまう程、繊細な踊りをするね!!」と言っていたなぁ・・・。恐るべしシムキンガーン


20年後にはシムキン君がホセの立場になってるのかなぁ。そしてアンヘルみたいに「少年の様なフレッシュなバジルは〇〇が踊ってくれるさ!!」みたいに、まだこの世に誕生していない未来のダンサーの名前を言っているのかも(^w^)20年後もバレエ鑑賞が出来て、「シムキンが若いころはね」なんて子供に話せてたら幸せ♪




人気のダンサーが一度に観れて、大満足のスペシャル・ドン・キホーテでしたグッド! これから観に行く演目も楽しみ♪




【出演】

原振付:マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴールスキー

キトリ:パロマ・ヘレーラ(第1幕)/シオマラ・レイエス(第2幕)/加治屋百合子(第3幕)
バジル:ホセ・マニュエル・カレーニョ(第1幕)/アンヘル・コレーラ(第2幕)/ダニール・シムキン(第3幕)
ドン・キホーテ:ヴィクター・バービー
サンチョ・パンサ:アロン・スコット
メルセデス/森の精の女王:ヴェロニカ・パールト   
エスパーダ:コリー・スターンズ
ガマーシュ:クレイグ・サルスティン
ロレンツォ:アイザック・スタッパス
キューピッド:サラ・レイン
花売り娘:マリア・リチェット/ミスティ・コープランド


指揮:チャールズ・バーガー
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団




本日、初めて出待ちを致しました!!昨日サイン会が開催されたと知り、「もしかして今日も・・・」と期待してはりきってプレゼント用意したんです。結局サイン会は無しでしたがせっかくプレゼント用意したので出待ちすることに。シムキン君にはファン殺到でしたが何とか渡せましたよーあせる 殺到し過ぎて目は合わず残念ガーン 「Thank you」と言いながらみんなからプレゼントを受け取っていましたが、かなりお疲れの様子でした。そりゃ、疲れるよね。
加治屋さんには余裕を持って渡せました。「素敵でした」とプレゼントを渡すと、しっかり目を見て「ありがとう^^」と受け取ってくれましたーー。本当に素敵な方ラブラブ 目を見てお礼を言ってもらえて今日は幸せ気分で寝れます☆
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-22 23:30 |  バレエ | Trackback | Comments(2)

尾瀬 4

尾瀬沼を後にして大清水へ向けて山を登りますガーン


三平下から三平峠まで登り続けます。ここを下った時は「またこれ登るのか~(@@)」と嫌気が差していましたが、思っていたよりサクサク登れました。三平峠を過ぎ下りに入ります。
f0082356_21443698.jpg


こんな危険な場所もあります!スニーカーでなく登山靴をお勧めします。
f0082356_21473558.jpg


どんどん下ります走る人あせる
f0082356_2150099.jpg


下っても下ってもまだ下るーーガーン うそ~こんなに登ったっけ・・・?帰り道の方が短く感じるはずなのに全く感じない!!
f0082356_21515469.jpg


あ!あの滝が見えたらゴールは近いはず!!
f0082356_21544568.jpg
やっと下り終わり一ノ瀬休憩所着。ここまで1時間。行きは1.5時間だったのでやはり下りの方が早いですね^^ 




一ノ瀬で30分程休憩して林道に入ります。この最後の林道がきつい・・・。もう足が痛いーショック! いつまで続くんだこの林道!!!
f0082356_22102746.jpg


綺麗な空に少しだけ元気が出る^^
f0082356_22142699.jpg


やっとこ大清水に戻ってきた~!!やはり行きと同じく林道は1時間かかります。帰りは三平下から大清水まで行きより30分早い2.5時間でした。
f0082356_2217826.jpg

足が棒になる程歩いたのでお腹が空いた!!私はバスの時間までカレーライスをぱくり!!とんちゃんは頭痛治らず目が虚ろ。ロキソニン持ってくれば良かったね・・・。大清水発のバスなのに運転手さんに「このバスは途中で大清水に寄りますか?」なんて聞いてましたからね・・・。相当体調悪かったのだと思いますガーン 帰りのバスはとんちゃんにも酔い止めを飲ませたので、ちょこちょこ眠れたらしく体調も良くなってきました。サービスエリアによる度に何か食べてたしね(笑)
f0082356_22353091.jpg

今回はお友達のご好意でだいぶお得価格で尾瀬に行くことが出来ました^^ ありがとう!!すご~く疲れたけれど次は尾瀬ヶ原に行ってみたいなーと思います。
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-21 22:37 |  国内 | Trackback | Comments(2)

尾瀬 3

尾瀬沼(三平下)から暫く木々に覆われた道を歩き、ビジターセンターを通り過ぎ、大江湿原に向かいます走る人=3
f0082356_0171544.jpg


透き通った水辺には何かの稚魚が泳いでいました目 石と同化してますが稚魚がいるの分かるかな~?
f0082356_0181039.jpg


りぼん
f0082356_0193199.jpg

尾瀬はアブやらとんぼやら蝶がぶんぶん飛んでます。とんちゃんは歩いているにも拘らず、首、手の甲、ザックに蝶にとまられてました(笑)私には蝿やアブばっかり飛んでくるのにー。心の清らかさの差か・・・。



大江湿原到着~!!一面のニッコウキスゲ黄色い花黄色い花 むこうに見えるは燧ケ岳。
f0082356_0214374.jpg


大清水から尾瀬沼までは人がまばらでしたが、ここはたくさんいましたー。
f0082356_0242195.jpg
f0082356_0243044.jpg


フナ?イワナ?何でしょうかね?
f0082356_0245255.jpg


f0082356_0255362.jpg


f0082356_0261710.jpg
f0082356_0262993.jpg


f0082356_0353430.jpg


そろそろ大江湿原を後にしてビジターセンターへ戻ります。
f0082356_0453511.jpg


ビジターセンターにある湧水。つめたーい^^
f0082356_0393451.jpg



ビジターセンターから三平下、三平峠、一之瀬、大清水と戻ります。あーまたあの登山か・・・気が重いあせる
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-21 00:53 |  国内 | Trackback | Comments(0)

尾瀬 2

今回の尾瀬散策、私たちは大清水から尾瀬沼に抜け、大江湿原を歩き折り返すコースを回りました黄色い花

f0082356_2027174.jpg

尾瀬といえば尾瀬ヶ原が有名ですが、日帰りで尾瀬ヶ原と尾瀬沼を回ることは難しいので、今回は尾瀬沼を選択♪ 一番人気があり人が多いのは鳩待峠から尾瀬ヶ原(標高1400m)を回るコースで、初心者向けらしいので大清水コースより疲労は少ないかと思います。


☆今回の尾瀬散策記録☆
■所要時間:8時間(内休憩2時間)/歩行距離:約20km
■コース:大清水、一ノ瀬、三平峠、三平下、尾瀬沼、大江湿原で折り返し



東京から夜行バスに揺られること6時間。朝4時半に尾瀬戸倉に到着星空 バスを降りると肌寒い!!はっきり見える月と明るくなってきた空。
f0082356_2025536.jpg
f0082356_20251850.jpg


鳩待コースに行く方は戸倉で下車。私たちは戸倉からバスで15分程走り大清水に到着!!まずはお弁当を頂きます散策開始前に力を付けないとね^^
f0082356_20303716.jpg



朝6時。大清水口(標高1190m)から散策開始です(^0^)/
f0082356_20314833.jpg


木々に覆われたゆるーい上り坂の林道(砂利道です)をどんどん進みます。
f0082356_20323579.jpg
f0082356_20324412.jpg


この砂利道を歩き続けること1時間、やっと一之瀬休憩所に到着でもまだ開店してなーい。 疲れたー!!
f0082356_2035298.jpg

6時間のバス旅で、肩・首が凝り頭痛に襲われたとんちゃん。ここでダウンして30分程睡眠をとりました。その間、私はばんばん飛んでくる巨大蝿、蜂、アブ、ブヨ達と闘ってましたメラメラ 隣で休憩していた少年はアブに刺されてましたよー。怖いー。



一之瀬休憩所を通過すると林道が終わり、ここから登山道が始まります!!
f0082356_20441346.jpg

f0082356_20421264.jpg


沢の横は涼しい~音譜
f0082356_20444759.jpg


登山道は湿っているところもあり、滑りやすいので注意(><)
f0082356_2048794.jpg


たまーに良い景色を見ることが出来ます。
f0082356_20491073.jpg


尾瀬沼までもっと簡単に行けると思っていました・・・。こんなきつい登山だなんてーー箱根登山鉄道のように左右に行ったり来たりしながらどんどん山を登ります走る人あせる
f0082356_20521929.jpg



日当たりが良くなってきたので頂上が近いかと思いきや、下山者が「いやーまだまだありますよ(^-^;)」とのこと・・・。がーんガーン 綺麗な稜線^^
f0082356_20532550.jpg



やっと三平峠(標高1750m:疲れて写真も撮ってません)到着ーー!!登山道入口からここまで約1時間かな。ここでは何人かが休憩していましたが、私たちは休憩なしで進みます。三平峠はベンチと看板があるのみ。木々に覆われており景色は全く見えません。


三平峠からは下りになります。「げーこんなに下るのかー。帰りはこれ登るんだよな・・・」と若干嫌気が差しながら下り続けます。
f0082356_214297.jpg

登って来る方々、みんな息切れしています!!「ということはかなり下るのか・・・。尾瀬って平地を歩くものじゃないの~?」と思いながらひたすら下ります。
f0082356_2143799.jpg


「あ!きのこちゃんがいるよ!(友達のこと)」と、とんちゃんが指差した先には白いきのこ??後で調べたらギンリョウソウ(別名ユウレイタケ)という植物らしい。
f0082356_2163958.jpg



下ること約30分、尾瀬沼(標高1660m)到着―――!! もっと簡単な道のりでここまで来れると思っていたよー。
f0082356_21114941.jpg


尾瀬沼と燧ケ岳。
f0082356_21191751.jpg


暑いメラメラ のでとりあえずかき氷。高尾山のかき氷の方がシロップたっぷり&氷の粒が小さくておいしかった。
f0082356_21112882.jpg



一休みしたところで、この後は大江湿原へ向かいます♪
[PR]



by rabbitsick | 2011-07-20 21:30 |  国内 | Trackback | Comments(0)

たくさん食べてたくさん運動主義!!バレエ・音楽が大好きなしまじろうの日記♪
by しまじろう
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

■グルメ
 東京で食べる
  *大手町・丸の内
  *銀座・日比谷・八重洲
  *新橋・汐留・大門
  *六本木・麻布・赤坂
  *表参道・外苑・青山
  *日本橋・神田
  *お茶の水・秋葉原
  *目黒・白金・恵比寿
  *渋谷・三軒茶屋・下北
  *新宿
  *神楽坂・飯田橋
  *上野・浅草・日暮里
  *御徒町・湯島・本郷
  *門前仲町・木場
  *築地・月島・豊洲
  *田園調布・二子玉川
  *お持たせ・テイクアウト
 静岡で食べる
 神奈川で食べる
 福岡で食べる
 長野で食べる
 わが家の食卓
■芸術
 音楽
 バレエ
  *2006年発表会
  *2008年発表会
  *2010年発表会
  *2011年発表会
  *2012年発表会
  *2014年発表会
  *2015年発表会
  *2015年発表会②
  *2016年発表会
 その他(芸術)
■音楽鑑賞記録
■バレエ観賞記録
■OL事件簿
 オン
 オフ
 結婚
■旅行・風景
 海外
  ※2005年 バリ
  ※2009年 ベトナム
  ※2012年 香港
  ※2013年 ロンドン・NY
  ※2013年 ニューヨーク
  ※2014年 ニューヨーク
  ※2014年 シンガポール
  ※2015年 バリ
  ※2016年 プーケット
  ※2016年 上海
  ※2016年 タイ
  ※2017年 セブ
 国内
  ※2016年 沖縄
  ※2017年 香川
■プロフィール
  *2016年発表会

ライフログ

DVD
music
book

最新のコメント

chocolatmさん ..
by rabbitsick at 21:58
この前UPされてた、サツ..
by chocolatm at 10:59
chocolatmさん ..
by rabbitsick at 21:28
SNOWさん クリ..
by rabbitsick at 21:25
「油揚げ卵」、我が家では..
by chocolatm at 11:08
お弁当 彩りがきれいです..
by SNOW at 14:30
chocolatmさん ..
by rabbitsick at 09:21

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル